2013.04.30 恐怖の膝痛
2013.04.30   3日目(滋賀県2)

は~い、彦根市に着きました!というか彦根市までしかたどり着けませんでした(-_-;)
告白しますが軟弱な我が脚、右足は膝痛、左は筋をたがえたような痛さ。しばらくあまり進めません。
もちろん想定内ですので心配無用…のハズ(;一_一)  ドンマイ、ドンマイ~

天候:やっぱり雨~小雨
ルート:あぢかま道の駅R8~K44~K331さざなみ街道~K2~彦根市
走行距離:42km
総走行距離:今見たら、ちょーど5000.0km!!
時間:08:00-14:30
宿代:彦根ステーションH 3200円

はじめて間近に見る琵琶湖
DSCF6077.jpg

しずがたけトンネル
DSCF6087.jpg
DSCF6092_20130430214419.jpg

道の駅「湖北みずどりステーション」でおかしタイム。相方の「ほんのきもち」をいただく。バリバリ!
DSCF6097.jpg

のらりくらりで彦根城、玄宮園
DSCF6111.jpg
DSCF6135.jpg
DSCF6159.jpg

マスコットキャラ「ひこにゃん」
DSCF6164_20130430214709.jpg

城内の馬屋。今も馬がいます。便利なおトイレもあります。
DSCF6165_20130430214726.jpg
DSCF6170_20130430214743.jpg

石田さんの佐和山
DSCF6126.jpg

腹ごしらえ
DSCF6123.jpg
DSCF6119.jpg
DSCF6121_20130430214543.jpg
お城のデザート、もなか

すると店内に井伊さんが
DSCF6118.jpg


さて腹ごしらえもすんでビジホテに入ります。

体よ、回復しろー以上、本日おしまい(-_-)zzz
スポンサーサイト
2013.04.29   2日目(滋賀県1)

こんばんは~只今20時46分、道の駅「塩津海道 あぢかまの里」にてブログアップしてます。

近所のラーメン屋にコインシャワー200円10分なるものがあって近くに温泉ないので入った。そしたら畳の休憩室があって休んでいたらラーメンの良い匂いがしてラーメン食べた。たぶんこの行程はラーメン屋の罠だったと思う。まんまとハマってやった。おかげで時間つぶしができた。

きょうはもう2日目にして疲れ果て首は痛いは腰は痛いはおまけに例のごとく膝がちと痛い。用心用心なのだ。

天候:晴れ、風強し冷たし
ルート:南条R365-今庄R476-敦賀市R8(塩津海道)-道の駅「あぢかまの里」
走行距離:53km
総走行距離:4955km
時間:07:15-16:00 えらいかかったの~
宿代:無料

テント撤収開始!
DSCF6051.jpg

やっぱり飲んでしまった
DSCF6053.jpg

昨日はここまで行くつもりだった。「今庄365」ここまでゆるい上り、さらに上り、その先に木の芽トンネル
DSCF6058.jpg
DSCF6060.jpg

敦賀市街地
DSCF6062_20130429204245.jpg

滋賀県突入!
DSCF6066.jpg

近所のラーメン屋さん。一口目、はっきり言って好みじゃないと思った。食べるにしたがって夢中で食べた。
DSCF6072.jpg
DSCF6074.jpg

そして道の駅の裏手でテント。明日は朝から雨予報。屋根のあるところもあるのだがこの場所が落ち着くので濡れるの覚悟で決めた。相棒にはレインカバーを。
DSCF6076.jpg

それではおやすみなさいませ


2013.04.28 出発していた
2013.04.28   新たに1日目(福井県6)


どうも空太郎です。旅第二弾、出発しました。

本日、敦賀市の今庄365を目指してましたが50km程走ったらバテまして今は南越前町南条の日野川河川敷に来ています。今夜はここでテント張ります。

天候:晴れ・風強し冷たし
ルート:勝山市ー福井市R8-鯖江市ー越前市R365-南条
走行距離:63km
総走行距離:4902km
時間:09:30-16:00
宿代:無料

いざ!出発!!
DSCF6035.jpg

こんな所なかった。前回のルートからはずれてしまったみたい。
DSCF6038_20130428173116.jpg
DSCF6040.jpg
ここ通りたいけど自転車重すぎてかつげません(ー_ー)!!
DSCF6041.jpg
DSCF6042.jpg

今夜のお泊り河川敷。まるでキャンプ場
DSCF6043.jpg
DSCF6046.jpg

うお~寒くてたまらん!!早く暗くなれ~

ではまた!

2013.04.27 旅予告!!
2013.04.28  (番外編17)




たぶん…\(◎o◎)/!
2013.04.21  (番外編16)


以前からツルツルのブレーキレバーが握りにくかったので粘着付きのウレタンのクッションを貼ってみた。
これがなかなか良い。ただ、既存の粘着ではとれるので強力な接着剤でくっつけないとはがれる。


DSCF6019.jpg

ではでは!
2013.04.20   (駄文箱2)


空太郎はこれまでの人生において一度も「ネカフェ」なるものに泊まったことがありません。いや、一度だけ泊まろうとしたことはあります。旅第一弾が始まる前に「ネカフェ」を経験しておこうと思い行動しました。

午後10時に入店、朝までコースを選択。しかし、午前0時頃には逃げるように出てしまったのです。

なぜか

たばこの煙がダメだったからです。確かに禁煙ルームはありますが壁があるだけで天井でつながっているため、煙は区別無く蔓延しているのです。耐えれませんでした。(喫煙家の方々、すみません)

なので本当は安価な「ネカフェ」は旅にかかせないと思うのですが泊まりたくても泊まれないのです。
一部では完全分煙があるようですが数少ないようです。経営者の方々、完全分煙のネカフェお願いします。

喜んで会員になりますよ~

あ~「~考える」ではなくて「苦情と要望」だった…
2013.04.19   (番外編15)


あうあう…あうあう…

昨日、健診の結果通知が来た。何をいまさら…と思った。

結果は大方わかっていたのでその内容に驚くことはないはずだが、こうして改めて数字、文章で確認するとビビッタ
故に本日、少~し大きい病院に2次健診に行ってきた。ひとつは検査予約が必要なので7月1日にした。これが一番早い予約日だった。6月中旬には一度帰還するようにしているのでまあいい。後の3つはとりあえず大丈夫だった。で予定通り出発できるはずだった。

ところがである。

診察の最中、別の病気を指摘された。検査した。結果がわかるのは来週26日。

またまた出発は延期になりそうだ。もうこうなるといつになると予定がたたず。いつになると発表させてもらうのも控えます。にしても4月中には出発したいよ~
空太郎の旅を気にしてもらってる方がいたらすんませんm(__)m

ある日突然旅立ってると思います。ご了承下さいませ。

まずはご報告まで。そいではまた!


2013.04.18  (駄文箱1)


っていうか、ユース2回しか泊まったことないんですけど(-_-;)


ユースホステル会員の更新が近づいている。

前回の旅でユースに宿泊したのはなんとたったの2回!これでは会費を払った分、全く元が取れていない。
初回年会費が2500円。宿代が1泊約3300円程度(食事なし)。そうすると会費を計算して1泊4,550円になる。たとえ100泊したとしても3325円で宿代よりは絶対安くならないのだ。ではこの宿代、高いか安いか。

昔は3000円を切る価格であり(もちろん物価も違うわけだが)旅人のコミュニケーションの場としてあえて相部屋を求め、食後のミーティングの楽しみもあったりしてそういう付加価値もあった。今ではおおかたそうしたミーティングも無くなり交流は個々にお任せといったユースが多いのではないだろうか。
旅人との出会いを求めるのなら今ではゲストハウスやライダーズハウスという施設が2千円前後であるし孤独を求めるのなら三千円前後で安いビジネスホテルもある。
そうなふうに昔ながらの思考で考えるとユースホステルはなんとも中途半端ではないだろうかと考えるのだ。いや正確にいえば時の流れと共に中途半端な状態に陥ってしまったというのが本当のとこではないか。ニーズが変わってきているのだと思う。この時代の流れに多くのユースが淘汰され1970年代には500軒あったユースも現在では300軒になり60万人いた会員も7万人に激減しているようだ。
辛らつな言い方をすればあえて会員になる必要も泊まる必要もないといったところであろうか。

ところがこんなユースであり、2軒しか宿泊したことのない空太郎ですが本当はユースは好きなのです。
なぜか、理由は2つあります。まず1つは旅の動機のひとつになっている『サイクル野郎』という漫画です。この物語の宿泊施設として必ず各地域のユースが出てきます。そのユースでのお泊りはなんと楽しいことでしょう!旅人はユースに泊まるべきだというのがもう脳裏に埋め込まれているのです。そしてもう1つは2軒目に泊まったユースがいい雰囲気をかもし出していたからです。

そもそも空太郎、ユースの会員になっていながらなんで2軒しか泊まってないのかお話しましょう。

はじめに宿泊したユースが最悪だった。
ブログにはこのときの詳細は書いてないのだがまあ、悪いことはあんまり書かん方が良いだろうということで今回も書きませんがこのことがあってもうユースには泊まらんぞと思って旅してきた。ところが下関に来たときなんとなく『火の山ユースホステル』に泊まった。これはあとから気がついたことだがこのユース、先の『サイクル野郎』にも登場していてもうかれこれ30年以上なるのにその名で運営されてるとは感慨深いものがあった。でこのユースが前回のユースと雲泥の差。生き残っているのも納得。
誰か他の旅人がいてもいいなと話をしたいモードになっていたのだがその日は結局宿泊者は空太郎ひとり。5,6人は入れる湯船にたっぷりとお湯を入れていただいたり施設もきれいでいろいろと親切にしてもらい翌朝には「旅を楽しんで下さい」というメッセージと共におにぎりをいただいたりして楽しく過ごせたのだ。
自分のユース像にマッチしたユースがあるのだ。ということでユースを見直し、嫌いにならずにいられるのです。
しかし良いユースって多くないのではという思い込みか事実かわかりませんがそれがあってその後ユースは利用していないのです。

では、ユースのこの価格は高いのか安いのか。

客観的に判断するならば、ごくごく簡単に事実確認だけして『相部屋である、共同風呂である、共同トイレである』それでこの価格。ならば同じ施設でゲストハウスの方がずいぶん安い。よってユースは高値である。

しかし空太郎は「良いユースはその価値があり悪いユースは価値がない」と主体的な価値判断をさせていただきます。

ただ、今やユースの衰退により利用するにも宿泊したい地域に無いことが多く自然とユースから離れていってしまうのかもしれない。

さて、今年の更新料2000円、どうしたものか…
2013.04.17  (装備品6)

重複しますが改めて。

『火』には火関係を
DSCF6003.jpg
DSCF6005.jpg
去年の蚊取り線香。夏はこれがないと生きてゆけません(^_^;)

『雨工』には雨具関係と工具を
DSCF6006.jpg
DSCF6008_20130417202015.jpg
今年の新顔、レインシューズカバーがあります。洗濯干しロープ

『充』には充電関係とその他雑品
DSCF6013.jpg
DSCF6012.jpg
DSCF6014.jpg
キャンプ場での夜のお友達「ラジオ」、6月の北海道まだ寒くホカロンでしのぐ。簡易トイレあると安心。

『PW』にパソコンと衣類を
DSCF6015_20130417202050.jpg
衣類でパソコンを挟むようにして入れてます。
写真なーし!

本日これまで!出発まであと5日(~o~)
2013.04.15  (書籍紹介1) 


どうもです。二冊読み終えました。

DSCF5880_20130414170318.jpg

白鳥さんの自転車旅に対する情緒ある文章が好きで読んでみました。その文を読むと風景が見え、匂いを感じ、地域の音が聞こえてくる。と五感をくすぐられるようなそんな文章だが、また、哲学的でもある。旅好きの方、書店にあれば一度立ち読みをおススメします。

石田ゆうすけさんの7年半に渡る9万5千キロ自転車世界一周一人旅の紀行エッセイです。題名は違うが三部作になっています。この『行かずに死ねるか!』の読者が感想として『読まずに死ねるか!』というコメントがありました。この本を読んで一週間経っていますが第二部の『いちばん危険なトイレといちばんの星空』も読みたくなりました。旅好きの方、書店にあれば一度立ち読みをおススメします。

本日、おおかたの荷物をバッグに詰め込みました。(後日紹介)

それではまた!
2013.04.14  (番外編14)


どうも!最近はもの忘れがひどく、オイラ、いつ出発するって書いたっけ と思いつつ前に書いたブログをひもとき、4月15日と書いてあるのを見て、だったな。とつぶやき、やっぱり来週やな と変更するのでした。

というのも4月のあたまに受けた健診であっちこっちひっかかり再検査が必要になった。で、正式な検査結果の通知を待っているのだが今に至ってその音沙汰が無く、待ってる間に本日に至ったという訳です。
たぶん来週には通知も来るでしょうが着たところで更に検査の予約をしなくてはならずスケジュール上、もう待てないので来週の22日には出発するつもりです。6月中旬には法事のため北陸に戻って来る予定にしていますのでこの時期に再検査をしてもらおうと考えています。自分では若くてそこそこ健康だと思っていたのに正直ショックです。では残念なお話はここまでにして昨日行った桜めぐりの様子をどうぞ。

車で福井市へ向かう途中、通るたびに気になっていた桜の並木道
DSCF5921.jpg
DSCF5914.jpg
DSCF5899_20130414161116.jpg
そいで帰りにどこかの集落に迷い込んで小道をうろうろ。その通りに番犬こと番蛙。
DSCF5936.jpg
DSCF5937_20130414161156.jpg
鉄塔が見える。あそこまで行こう!
DSCF5938.jpg
DSCF5945.jpg
真下から
DSCF5946.jpg

その後のらりくらりの帰宅。ふとスポークを握ると張りがゆるゆる。そりゃそうだろう、昨年ホイールを組み立てて以来、旅の間にバランスがおかしくなっているはずだ。また一日がかりでホイール調整しなきゃならんね~
テントなども日干し、またお世話になりますよ~
DSCF5957.jpg
DSCF5878.jpg

そして夜には家族で夜桜鑑賞。照明でイマイチ桜の色がでていませんが題名『夜桜と三日月』
DSCF5966.jpg

本日これにて!