最新2012年07月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/31

2012.07.31  44日目(京都府2)

こんにちは空太郎です。



天橋立やって来ました。長い間に形成された全長3.6kmの湾口砂州ということで日本三景の一つです。ですが近年
侵食の影響でこの砂州、消滅するんではないかと危惧されているようです。いろいろ手をうってるようですけど。でその橋立、うん、まあ、はい観光地&海水浴場です。平日ですがやはり夏休み、人、多いです。

天候:猛暑を感じさせないガッチャマンヘルメット
ルート:宿R27→大手R175→念仏峠→八田R178→栗田トンネル→宮津市→T2天橋立キャンプ場(泊)
走行距離:32km
総走行距離:1356km
所要時間:09:10-13:30(4時間20分)
宿代:1000円


はい、いつもの出発前のワンショット

DSCF6175.jpg
R175を進むとゆるーい上りの念仏峠
DSCF6178.jpg
由良川DSCF6180.jpg
DSCF6185.jpg
宮津市だったかな?うどんやさんで腹ごしらえ。ざるうどんいただきました。
DSCF6186.jpg
もうすこし!!DSCF6187.jpg
はーい到着~こんなところです。
DSCF6194.jpg
廻旋橋。昔は大きい遊覧船が通るたびにこの橋の両端を離して真ん中で90度回るようにしていたのですが船が通る頻度が少なくなったため定期的に回しているようです。DSCF6196.jpg
DSCF6197.jpg
そして、天橋立スタート位置ですが向こう岸までは、え~結構です。
DSCF6198.jpg
そして、キャンプ場の前の河では観光客相手にこんなん走ってます。DSCF6201.jpg
DSCF6202.jpg
そんでもって夕食に近くのデイリーヤマザキで買ったお食事で乾杯です???貸切なので勝手に使い放題。サイトは平地で良いですがあとの設備はいまひとつ。たぶんここのオーナーそれほど儲ける気はないのでしょうがいい場所なのにちょっともったいない感が。でもオーナーの人柄はよさそうな感じでしたよ。
DSCF6204.jpg
DSCF6205.jpg
ということで本日これまで。また明日!

あっそうそう、大事なこと忘れてました。そう、ガッチャマンヘルメット。Good!!です。これきっと流行るわ。今のうちに特許申請しとくか。長旅で太陽光線に悩まされてるチャリダーのみなさん、是非、お試しあれ!!  
スポンサーサイト

07/30

2012.07.30   43日目(京都府1)

こんにちは、空太郎です。



今、西舞鶴駅近くの宿でブログアップしています。今日も暑かったです。日差しが痛いんです。空太郎の敏感肌がめげそうです。そこで新アイテムを開発しました。その様子は記事の後のほうで。

天候:紫外線が体に当たっているのがわかる
ルート:若狭和田R27→吉坂峠→東舞鶴→西舞鶴(泊)
走行距離:31km
総走行距離:1323km
宿代:4300円

朝起きると蝉が勢い良く鳴いておりまして、その声の出だしが「スイースイスイスイスイー」と聞こえ、海水浴場に近いこの場所でこの鳴き声、思わず「にたぁ」と笑ってしまいました。そこで蝉がいるであろう窓から見える木を撮った次第です。
DSCF6146.jpg
そして、出発準備をして旅立ちます。
DSCF6148.jpg
DSCF6149.jpg
「はなれ」に泊まりました。こっちは旅館になってますね。
う~いい宿やったな~。夕方にはやかんに冷たいお茶を持って来てもらったり、建物は古い感じはするけど中はきれいにしてあって常日頃、宿に手をかけてるって感じでした。また来るぞ~「民宿竹内」さ~ん!!
DSCF6151.jpg
舞鶴来た~!「青葉トンネル」を抜けるとそこは京都だ!
DSCF6152.jpg
トンネルを抜けてしばらくするとFコンビニが。うだるようなこの暑さ、アイスでも食べましょうかということで店内に入ってお買い物。ところがレジをしてもらったこの女性店員!態度悪る~体全体でやる気のないのが伝わってくる。いや?伝えているのだろうか?そこで空太郎怒りが頂点に達したその時「カウンターに片手付いて寄りかかってレジ打つなー!カードは手元に返せ!」と心の中で思った次第でした。はい、心の中で。
アイスはおいしいよ~

DSCF6154.jpg
やがて海上自衛隊の基地を通ります。船もいます。赤レンガ倉庫群もあります。ここは旧舞鶴海軍の魚雷やら武器やら衣類などが納まっていた倉庫です。
DSCF6161.jpg
DSCF6163.jpg
DSCF6166.jpg
ペットボトルで作られていますよ。
DSCF6164.jpg
DSCF6165.jpg
そしてこの先の五老トンネル。この峠で自転車乗ったおばさんに追い越されました。横をスイスイと。よく見たら電動が付いていて、こんなのもいいよな~と思い、想像してしまいました。「電動自転車で行く日本一周の旅」どうだろうか。
DSCF6168.jpg
向かって左が進行方向のトンネル、右が反対車線のトンネルで分かれているし歩道も広くあるので走り易いです。とは言っても180mしかないのであっという間です。このトンネルに入ったときとっても涼しいのでこんなトンネルなら何キロあってもいいのにと思ったのでした。
トンネルを抜け、しばらくするとマックが。いつも長居してすみません。お世話になります。マックバスがあってここでも食べられるのです。ここのお店超繁盛してました。

DSCF6170.jpg
そして、日差しへの対応策を考えました。日焼け止め塗っていても肌がひりひりするんです。顔がパリパリなんですよー今後のことを考えると耐えれません。なのでホームセンタージュンテンドウがあったのでお目当てのものを買ってお宿で作製してみました。ひもがなかったので応急処置です。どうでしょうか。ヘルメットとサンバイザーをくっつけました。「ガッチャマン」か!見た目はともかく、これ結構いいんです。特許とれるかも。DSCF6172.jpg
DSCF6173.jpg
それでは明日はお試しガッチャマンということでまた明日!

07/29

2012.07.29   42日目(福井県5)

こんにちは、空太郎です。



本日、高浜町若狭和田に来ております。自分のペースが遅いのはわかってますが福井県、長いです!

きょうは、海沿いを走って来たのでそこに見える風景は海水浴を楽しむ人人人とタープ、テントなどで埋め尽くされたカラフルな色合いです。そして、こういう風景を見るたびに一抹の不安が…空太郎、本日の宿は若狭和田キャンプ場を予定しているのですがさて、現地の様子はどうだったでしょうか~

天候:日焼け止めは欠かさずに
ルート:小浜市R27→T235(小浜大飯高浜自転車道)→R27→T235(自転車道)→R27→青戸大橋→T266(犬見崎和田線)→若狭和田(泊)
走行距離:28km
総走行距離:1291km
所要時間:10:30-13:30

チェックアウト11:00の宿、のんびりさせていただきました。
DSCF6109.jpg
DSCF6110.jpg

日差しを避けて商店街の中へ。「おいでやす」というか、これから去るところです。
DSCF6115.jpg
右側のフェンスに緑色で「サイクリングロード」と書いてあります。DSCF6121.jpg
DSCF6112.jpg
日本全国どこにでも。逃れられません…
DSCF6127.jpg
そしてR27を走っていると頼みの歩道がだんだん狭まって自転車一台が通れる幅になりました。写真ではわかりづらいですが歩道なので一段高くなっています。サーカスじゃああるまいし。なので右側に落ちようものならお車様がびゅんびゅんと…
そして、青戸大橋を渡ります。

DSCF6129.jpg
DSCF6131.jpg
DSCF6133.jpg
DSCF6136.jpg
向こうに見えるは渡って来た青戸大橋です
そして、若狭和田到着です。海水浴場です
DSCF6137.jpg
DSCF6138.jpg
DSCF6139.jpg
キャンプ場は少し離れた所にあるのですが人でごった返していて戦場のようです。周りは人だらけで写真も撮れません。テントもギュウギュウです。はぁ~すごい人やな~。ここで1700円ですか~これなら民宿のほうがいいですな。ということで5件目にしてやっと見つかりました。単独の客ってあまり喜ばれないんですよね。ひとつの部屋を複数で使ってもらった方が儲けの効率いいですもんね。ってことで本日、一抹の不安は当たり、民宿決定!宿代4000円です。でものんびり出来てこの宿お気に入りの宿に登録します。管理人さんも良い人だし。
しかし、この夏休みの期間、旅人にとってはちと、大変になりそうですね。

DSCF6143.jpg
それではまた明日!京都府突入予定です

07/28

2012.07.28  41日 (福井県4)

こんにちは、空太郎です。
  


この暑さ、尋常ではあーりませんね。昨日のバス停でのお泊りで睡眠不足も手伝って体にこたえます。足取りが進みません。こうなると思って昨日、さっさとお宿は決めておきました。やはりその日の宿が決まっていると心に余裕が出ますね。いつもこうありたいのですが。

天候:猛暑
ルート:三方町R27→倉見峠→小浜市(泊)
走行距離:30km
総走行距離:1262km
所要時間:05:30-11:30(到る所で休憩していた)
宿代:6825円(あーなんだか安い所見つからん)

屋根付き、自販機付きの無料宿

DSCF6092.jpg昨夜のバス停宿。このベンチの上で。目の前は道。当然、人も車も通ります。しかもこのバス停の後ろは焼肉店!いい匂いもしてきますし、人の笑い声も。なんだか空太郎、無性に寂しくなってきました。21時を回ってからもう頭から寝袋をかけて行きかう人になんのその、無視状態で蚕のように固まって就寝体制。しかし、寝れるはずもなく、寝たような寝てないようなボ~とした頭で4時半頃から撤収開始。疲れます~こりゃ年相応のプランにしないと続かんな。と思った次第でございますDSCF6093.jpg
そう、ここ三方町には三方五胡という湖が観光スポットです。車で行ったことあるので行きませけど。
そして休憩してたらスナフキンがこっちを向いていたので激写!

DSCF6094.jpg
途中、時間はたっぷりあるので寄り道。「瓜割の滝」~?百名水だそうで朝から水汲みに数人来てました。
DSCF6100.jpg
ここが滝の部分です。小さくてちょっと期待はずれ。
DSCF6101.jpg
DSCF6102.jpg
DSCF6103.jpg
皇太子様も飲まれてます。今の天皇陛下ということですね。
そして、我が愛車、小浜マック駐輪場にて待機。マックで涼み作戦。こう暑いとね~
DSCF6108.jpg
その後お宿へ。本日これにて静養に入ります。また明日!

07/27

2012.07.27  40日目(福井県3)

こんばんは、空太郎です。



本州!戻ってきたぞ~ということで現在、敦賀市三方町に来ています。昨日のフェリーの様子はアップしました。26日から見ていただくといいカモ。
敦賀、暑いですね~。汗が噴き出します。日差しがきつく溶けそうです。北海道!すごしやすかったぞ~
ということで本日のアップです。

天候:晴れ
ルート:敦賀市田結/宿R8→白銀T225→関峠→R27今市→椿峠→若狭梅街道→美浜R27→もと、松原キャンプ場→三方町(泊)
走行距離:31km(走る気なしでした~)
総走行距離:1231km
所要時間:08:30-13:15(4時間45分)
DSCF6075.jpg
マックでバーガーを食べながら本日の走行予定を考える。
DSCF6078.jpg
DSCF6079.jpg
これ、石、大丈夫か
DSCF6081.jpg
DSCF6084.jpg
DSCF6086.jpg
DSCF6088.jpg
実はこの砂浜、ここにキャンプ場があるはずでした。そして、空太郎の今夜の宿になるはずでした。美浜町の松原キャンプ場です。昨年から営業してないとのことでがっくりです。おまけにキャンプ禁止です。その後、宿探しをしたのですがなんか金額が高く700円のキャンプ場に泊まるぞと思っていたのでなんか納得できず野宿になってしまいました三方駅の近くのバス停に寝袋で寝ます。寝れるかどうかわかりませんけど。
ただ、近くに温泉があったのでそこで汗を流してブログアップしています。もう少しねばって戻ります。
それでは本日はこれまで。また明日!



07/27

2012.07.26    39日目(フェリーにて)

こんにちは空太郎です。



それでは昨日のフェリー内の写真をざっと載せますね。禁断の写真も…
DSCF6038.jpg
DSCF6039.jpg
そして、前回載せることができなかった露天風呂DSCF6045.jpg
そして~ワォ!
DSCF6047.jpg
けん玉日本一の方が6個のけん玉を同時にの乗せる!DSCF6050.jpg
DSCF6054.jpg
DSCF6056.jpg
DSCF6059.jpg
DSCF6062.jpg
昨夜の午後7時、どこにいるのかなとナビをON!海上です。当たり前。DSCF6063.jpg
定刻20:30に敦賀港着きました。そして予約しておいた近くの宿へ。ところがこの宿調べていた場所と違っていてたどり着くのに一苦労でした。そしてこの宿で相方と合流。必要な物を持って来てもらって、いらないものを持って帰ってもらいました。もちろん一泊していただいたのですがこの宿があまりにも…でブーイングです。ともかくありがとさまでした

そしてこの日は静かに終わりました。

07/25

2012.07.25   38日目(北海道34)

こんばんは、空太郎です。



小小雨が舞う中、苫小牧フェリーターミナルに13時半頃に着きました。雨が大降りすることなく雨具を着らずに済んだのはありがたいことです。昼食にセイコーマートで買ったパンを食べ、その後、自転車の気になっていたところを修理して夕食を済ませ、更新しております。

天候:曇り/小雨
ルート:宿R36→T259(臨海北通)→沼ノ端T781→苫小牧東港ターミナル
走行距離:25km
総走行距離:1196km
所要時間:10:10-13:30(3時間20分)



雨模様なのでレインカバーを付けて出発です。
DSCF6023.jpg
DSCF6024.jpg
コンビニで休憩。
DSCF6025.jpg
走ります走ります
DSCF6026.jpg
DSCF6028.jpg
港が見えてきました。
DSCF6029.jpg
到着です!懐かしい場所へ。そしてちょいと修理中。
DSCF6032.jpg
ターミナルの中です。DSCF6031.jpg
DSCF6030.jpg



きょうは予定通り、23時30分に出航出来そうです。1カ月前は大変でした。ちょうど台風が当たって乗船したのは午前3時でしたね。あれを思うときょうは幸せな気分です。

さて、今後の進路ですがお盆は鳥取県米子市へ。その後、四国へ向かい1周して10月をめどに再度米子へ、友人の一周忌があるんです。その後は日本海側を南下して九州、沖縄をめざします。ただ、予定ですので、ちょっとしたことで大きくずれてしまうこともあると思います。

明日は更新できないかもしれませんが次回のアップは本州へ上陸しているはずです。
それではまた!

07/24

2012.07.24    37日目(北海道33)

こんにちは、空太郎です。
 


支笏湖(しこつこ)行ってまいりました。この支笏湖、うちの相方が好きなんですよ。この「こつこ」という名前が好きなんですよね。北海道の湖の名前を言わせると「しこつこ」「さこつこ」「あこつこ」となんでも「こつこ」を入れればいいと思ってるそんなお方です。(すみませんどうでもいい話でした)
さて、その支笏湖までの道のりは緩やかな上り坂で歩行者・自転車道もあって走りやすいR276でした。
車が通るくらいで誰もいないのでときおり歌を唄ったり、ふと考え事をしていたりとのんびりのサイクリングです。

天候:曇り
ルート:宿R276→ただひたすらR276→支笏湖
走行距離:51km
総走行距離:1170km
所要時間:09:30-14:20(4時間50分)
出来事:特にあーりません。

DSCF5990.jpg
途中、自転車道が反対車線側にあることに気づき移動。
DSCF5991.jpg
DSCF6022.jpg
DSCF5995.jpg
DSCF5992.jpg
DSCF5997.jpg
DSCF5998.jpg
DSCF5999.jpg
DSCF6007.jpg
DSCF6008.jpg
きれいでしょ~透き通ってます。お食事どころでざるソバ食べました。そこにこんなのが。
DSCF6015.jpg
DSCF6018.jpg
DSCF6016.jpg
DSCF6020.jpg
ちなみに水深No1は秋田県の田沢湖で423.4mで透明度No1は摩周湖で19m、しかし、透明度は変化があって変わるようです。支笏湖はこの透明度で18m、4位です。
このあと同じ道を通って帰ります。緩やかな下りなので快適です。

さてさて、明日はいよいよ、北海道最終日となる予定です。一周はできませんでしたがまあ、こんなもんでしょう。今回、北と東に行けなかったのは残念ですが北海道第二弾で走破します。出だしで膝を痛めてどうなるんや~と思いましたが痛いなりに調整しながらここまで走れて満足です。あら?終わりの挨拶?いえいえ、これからもこのペースは変わらないと思いますがじっくり日本攻めますよ。明日は、23:30発のフェリーで敦賀まで戻りそのまま南下します。予定通りお盆には鳥取県です。明日は苫小牧ターミナルで更新予定です。ではまた!


07/23

2012.07.23    36日目(北海道33)

こんばんは、空太郎です。



先ほど昨日のアップをしました。本日は~簡単に。すんません…ちと疲れました。もうかれこれ4時間になるでしょうか。指つりそうです。

天候:曇り/小小雨
ルート:ひたすらR36→苫小牧駅周辺ビジネスホテル
走行距離:49km
総走行距離:1118km
所要時間:09:40-14:30(4時間50分)
宿代:5000円×2泊(支笏湖往復)
出来事:①道端で作業している女性からカッコイイ~と拍手された。初めて女性にカッコイイと言われた。ありがとう!おばあちゃん!
    ②苫小牧駅の近くには王子製紙があってすんごい煙出していて街が曇っています。なんか大変そうな街です。
    
いきなり朝食です。しっかり食べて出発です。この宿忘れないでしょう。


DSCF5974.jpg
DSCF5975.jpg
DSCF5978.jpg
DSCF5979.jpg
DSCF5985.jpg
DSCF5988.jpg
そいでこのあと写真なにもありません。
明日は荷物を置いて支笏湖へ向かいます。楽しみです。それではまた明日!




  

07/22

2012.07.22   35日目(北海道32)

こんばんは、空太郎です。



今現在、登別に来ております。ですが少々あわただしく遅くなりました。更新は明日します。
何卒、ご理解とご協力のほどよろしくお願いします???


<追記>

天候:曇り
ルート:宿→地球岬→T919→御前水町R36→登別駅T2→登別温泉/宿はなや」
走行距離:38km
総走行距離:1069km
所要時間:09:10-16:05(6時間55分)
出来事:写真でざっと紹介

なかなかユニークな管理人さんのホテルを出発!
DSCF5898.jpg
R36を母恋駅(ボコイ)まで戻ってそこから地球岬へ
DSCF5899.jpg
DSCF5900.jpg
そして急坂を上がること上がること2.7kmの道のりを45分かけて到着です。
DSCF5908.jpg
DSCF5913.jpg
DSCF5911.jpg
DSCF5916.jpg
地球岬に満足したら登別へ向かいます
DSCF5924.jpg
登別駅です。熊の剥製です。でかい~
DSCF5925.jpg
DSCF5926.jpg
それでこの時点で15時を回っていまして宿がまだ決まってませんでした。というのも駅から温泉街まで上がり坂8kmあって空太郎この道に、はなっから挑む気もなく安易にも駅周辺で捜してそこからバスで行こうと考えていたのです。ところがあると思った宿も温泉街に集中しており全くないので慌てて温泉街の宿を検索するもない!ない!ない!そっか、予算が低すぎるのかなと思い千円アップの上限6千円で検索。しかしこの超有名な温泉街にそんな金額で泊まれるホテルがあるわけもなく、浅はかな空太郎現地の観光案内で聞けばなんとかなるだろう、だめなら戻るわ、とあの急坂にトライ。あ~行ってしまったのです。途中、工事をしていて道は細くなるし大型バスは何台も通るし、体もお疲れで、もうきょうはこの道を戻って宿を捜す気にはなれん!どうしても捜さねば!ということで…
DSCF5927.jpg
「空室がございます」おっ!「空室が…ございます」「あります」ではなく「ございます」この言葉遣いからもここがどんなに高級な宿か感じてきます…でも、もう動きたくない!!!決めさせていただきました。一泊二食付き12750円!!!旅の記念に
そいで宿に入るときは荷物も持ってもらうは深々とお辞儀をされるはで恐縮しっぱなしでした。で、まずは温泉で疲れた体を癒し。ときたま登別の湯、入浴したけど、においが違うわな。まあ入浴剤だったけど。そのあと、かかか、懐石料理です。食べるのに忙しいので写真はあまり撮ってません。DSCF5928.jpg
梅ワインおいしかった~
DSCF5929.jpg
DSCF5930.jpg
DSCF5931.jpg
これ牛しゃぶなんです。
DSCF5932.jpg
「おしながき」記念にいただきました。さてブログを見ていただいているみなさんを敵に回しながら一番の目的の地獄谷へ行きます。温泉街から数百メートルです。夜はフットライトが灯り、ますます異様さをかもしだします。
DSCF5935.jpg
DSCF5937.jpg
DSCF5943.jpg
DSCF5947.jpg
DSCF5948.jpg
DSCF5949.jpg
DSCF5951.jpg
そして、ここは源泉が沸騰したりおさまったりするところが見れます。
DSCF5956.jpg
DSCF5953.jpg
沸騰してます。そしておさまります。
DSCF5953.jpg
DSCF5959.jpg
そして、帰りは鬼やら閻魔さんやらいらっしゃいます。
DSCF5968.jpg
DSCF5971.jpg
DSCF5969.jpg
そして、この日はおとなしく就寝したのだった

1000km突破!!

カテゴリ:北海道

07/21

2012.07.21  34日目(北海道31)

こんばんは、空太郎です。



この室蘭という街、迷路みたいで旅人には大変です。そもそも室蘭市に向かうR37から室蘭駅に向かうのにあの全長1380mもある白鳥大橋が自転車走行禁止となっていることからチャリダーにとっては市街地へのアクセスを面倒なものとしているのではないかと思う。計画的か無計画なのかわからないがあの道が通れれば途中にある祝津の町もパワーアップするんじゃないかと思うし、通れないように作った意図がわからない。まあ、ようするに自転車も通らせろという話ですが。

天候:晴れ/曇り
ルート:大和旅館T2→T703→R453→R37→R36→室蘭ホテルミリオン(簡素化したものです。実際は複雑でよくわかりません)
走行距離:51km
総走行距離:1031km
宿代:4000円(朝食付き)
出来事:もう書いちゃった。

さて、本日、タイトルにもあるように自宅を出発して走行距離1000kmを突破しました!北海道一周が約2200kmらしいのでまあ、半分ということでしょうか。あと数日で北海道を去りますが数字的に見ても残り半分ということですね。(納得)それでは大和旅館出発です。

DSCF5872.jpg

DSCF5873.jpg
そして、「昭和新山」DSCF5876.jpg
DSCF5879.jpg
DSCF5880.jpg
写真を見てもわかるように今も噴気活動があって煙が出ています。ここまでの道のり、自転車を押して歩いたのですがその間、熱気と火を炊いているにおいを感じます。この山、昭和18年に火山活動が始まって翌年17回にわたって噴火しました。そして現在、標高398mありますが年々、温度低下と侵食により縮んでいるようです。活動低下してきているのですね。
室蘭へ向かいます。その途中で1000km突破しました。

DSCF5881.jpg
DSCF5882.jpg
DSCF5885.jpg
あわわわわ~写真を撮ろうと思って少し動いたら1m増えちゃいました。ガクッ…
DSCF5886.jpg
ここでソバ食べて腹ごしらえ。
DSCF5890.jpg
この橋が白鳥大橋です。ちなみにこれだけの橋でありながら無料なのですよ~そしてまたまた、ちなみにこの橋の完成時の室蘭市の想定人口は約35万人。現在約96000人だそうです。
DSCF5894.jpg
DSCF5897.jpg
上の部分に橋の絵がありますけどそこが通れないのでぐるっと大回り。
DSCF5896.jpg

きょうは行けなかったので明日、地球岬へ  それではまた!

洞爺湖到着!

カテゴリ:北海道

07/20

2012.07.20   33日目(北海道30)

こんにちは、空太郎です。



あの凛々しい羊蹄山から離れ、そして幾多の坂道を乗り越え、ここ洞爺湖にやって参りました。湖畔ではこの時期、毎日20分程度の水上花火があるそうです。ただ、20時45分からだそうで写真は明日かな。追記できたらしますね。


天候:晴れ/曇り
ルート:京極キャンプ場R276→喜茂別町R230→洞爺町T578→R230→T2→大和旅館(泊)
走行距離:51km
総走行距離:979km
所要時間:08:05-15:20(7時間15分)
宿代:4350円(花火見学と充電のためナイスな旅館泊まり)
出来事:①膝、痛っ!もはやガラスの膝です
    ②他、何もなし。

さらば羊蹄山!
DSCF5783.jpg
休憩所。もう、あんなところに。
DSCF5789.jpg
DSCF5790.jpg
そして、留寿都村(るすつむら)というところにああ、懐かしい人が。
DSCF5794.jpg
指圧の神様、「浪越徳治郎」さんの銅像です。この方出身は香川県ですがこの留寿都村に指圧の学校を造られたそうです。ちなみにあのマリリン・モンローさんが来日されたとき指圧されたそうですよ。
DSCF5795.jpg
DSCF5796.jpg
はいはーい洞爺湖ですよ~ ん!?あれは。DSCF5798.jpg
DSCF5813.jpg
洞爺湖八景だそうですがどういう建物かよくわからん。そいで湖を半周する感じでぐるっと周ります。DSCF5815.jpg
DSCF5818.jpg
そして、はじめ洞爺湖に到着してから半周して対岸に来ました。なんだか面白そうな船があります。
DSCF5819.jpg
DSCF5821.jpg
そして、本日のお宿です。
DSCF5823.jpg
ここは落ち着きます。明日は室蘭にある地球岬(正式には「チキウ」)に行く予定です。それではまた明日!


<追記>


湖へ向かいます。なんだかお祭りみたいです。
DSCF5824.jpg
じゃーん遊覧船です。お城みたいですよ。40分1500円。DSCF5830.jpg
DSCF5836.jpg
湖上に浮かぶ遠く離れた船です。DSCF5837.jpg
花火です。
DSCF5856.jpg
DSCF5858.jpg
DSCF5868.jpg
DSCF5865.jpg
DSCF5860.jpg
まあ、こんなとこです。ではでは

07/19

2012.07.19   32日目(北海道29)

こんちは、空太郎です。



天候:晴れ
ルート:ドロームキャンプ場R393→倶知安(くっちゃん)→R5→T478→京極スリーユーパークキャンプ場(泊)
走行距離:40km
総走行距離:927km
所要時間:09:00-14:30(5時間30分)
宿代:500円/温泉600円
出来事①きょうは上り坂多かったがそのほとんどを乗って走行出来た。膝も回復してきてうれしい限りだ
   ②T478の道路で最高速度56.2km出た。恐怖、そんなに出すもんじゃないと反省。
   ③京極温泉、コンセント利用不可。涙。もう充電なく更新きびしい。

出発進行! 
DSCF5736.jpg
樺立トンネルまで上坂です。
DSCF5738.jpg
DSCF5739.jpg
DSCF5740.jpg
トンネル見えてきました。そしてこのトンネルを越えて下っていくとおおお~羊蹄山(1898m)です。蝦夷富士と呼ばれるようです。鳥取県にも伯耆富士と呼ばれる大山(だいせん:1711m)があります。似てますね。DSCF5746.jpg
DSCF5753.jpg
うわー凄い下りです。時速56.2kmでちゃいました
DSCF5759.jpg
倶知安駅です。
DSCF5760.jpg
DSCF5772.jpg
DSCF5780.jpg
キャンプ場に温泉です。きょうもお疲れ様でした!

07/18

2012.07.18  31日目(北海道28)

こんちは、空太郎です。



きょうで1カ月が経ちましたね。それにしても遅い足取りでした。あと1カ月あれば北海道完全制覇(自分なりの)できそうですけどまあ仕方なしとりあえずの北海道走行も先が見えてきました。残りはあとのお楽しみ?ということで。

さて本日、小樽から脱出してお隣の塩谷という町まで行くのにとても時間がかかりました。それというのもホント坂道多いんですよ。そして更にきょうの行程は半分くらい押して歩いたんではないかと思うくらい歩きましたね~疲れましたわ。ちょっと小樽での滞在が体をなまらせたかな。今後はテンポ良く進んで行きたいですね。

天候:晴れ
ルート:小樽市T956→塩谷T956(フルーツ街道)→T753→T36→冷水峠→R393→ドロームキャンプフィールド(泊)
走行距離:45km
総走行距離:886km(札幌ー小樽間40kmの間違いでした。)
所要時間:07:00-15:00(8時間)
宿代:800円(ゴミ、お持ち帰りのキャンプ場です。ちと高くない?)
出来事:①昨夜のカプセルはお客さんが空太郎ひとりで気ままに過ごしていたが0時頃酔われてる方々が入って来て目が覚め、そうだよな、このままお客さん一人ってことないよなとひとり納得した。しかし、なんでこんなに空いてるのに隣に入れるんだと唸っていたのです。
    ②塩谷へ行くT956の上道の途中で高校野球で有名な「北照高校」のグランドがあって朝連を見た。昨日地方大会で「室蘭大谷」と戦って勝ったようだ。「がんばれ!」と言ってあげたが坂道を上っている空太郎を見て「おじさんもがんばって」みたいな顔をしていた。汗だくだくだったからな…
    ③フルーツ街道の坂道にいやになりR5を通ろうかと考えこのルートがすぐ近くだったのでR5に行ってみたがトンネルが目の前にありここは自転車は通れないと諦め、街道を通ることにした。道路選択の難しさを知る。
    ④自販機前で休んでいるとおんちゃんがどこから来たかと聞かれたので出発したのは福井県です。と言うと九州から来たのかと言うのでいえ石川県の隣ですと言ってもピンとこないので金沢の近くでと言うとああ~東北かと言うので北陸ですと返すとそうかまあ気をつけてということで締めくくられた。
    ⑤冷水峠(ひやみずとうげ)はほぼ押して歩いたのですがその間、ゴミやらテレビやらはたまた洗濯機まで捨ててありました。景色のいいところなのに何でゴミ捨てるんだろうとこんなことをする人間、悲しい限りです。


はい、出発ですよ~ホテルの駐車場で準備OK!

DSCF5717.jpg
DSCF5718.jpg
DSCF5719.jpg
DSCF5720.jpg
DSCF5721.jpg
DSCF5727.jpg
突如目の前に高級そうなホテルが出現!DSCF5728.jpg
DSCF5730.jpg
この冷水峠どこが峠なのかわからぬまま今春完成した(たぶん)トンネルの中をスーイスイ。交通量も少なく時速24kmまでしか出ない緩やかな下り坂です。トンネルの中が峠なんでしょうけど味気なかったです。
DSCF5733.jpg
DSCF5734.jpg
本日お泊り場所です。ここは虫が多いのでこいつで寄り付かせません!!
DSCF5735.jpg
それではまた明日~
 

小樽な日々

カテゴリ:北海道

07/17

2012.07.17   30日目(北海道27)

こんにちは、空太郎です。



小樽ずいぶん楽しませていただきました。明日からまたがんばらなっくちゃね

第一部(昨日の出来事)


ではきのうのつづきで「流氷凍れ館」(りゅうひょうしばれかん)の様子から。

DSCF5609.jpg
DSCF5610.jpg
DSCF5611.jpg
氷点下の世界でした。氷がガラスみたいでした。

そして、天狗山ロープウエイの様子です。ここの夜景は北海道三大夜景のひとつなのです。
ここから乗りますよ。

DSCF5635.jpg
DSCF5640.jpg
頂上はこんなです。
DSCF5647.jpg
DSCF5651.jpg
蝦夷桜の木です。市民には天狗桜と呼ばれてます。DSCF5652.jpg

そして夜になって…DSCF5644.jpg
DSCF5645.jpg
…すみませんこの写真、実は壁にあったのを写しました。この日はちょうどガスってきてさっぱりでした。残念…ホントはこんな感じ
DSCF5658.jpg
そいで夕食はここでお鮨を食べました!
DSCF5679.jpg
DSCF5661.jpg
まいう~でしたね。でこの後ホテルで無料サービスの夜鳴きラーメンをいただきました!まいう~です。


第二部(本日の出来事)


港を散策していると巨大な船が。
DSCF5665.jpg
DSCF5670.jpg
飛鳥でした。博多から北海道を周ってるようでこの日寄港したところです。大きいね~約5万トンです。空太郎が乗った「すずらん」が1.7万トンなので3倍の大きさです。

そしてお昼にラーメン食べました。
DSCF5689.jpg
DSCF5687.jpg
DSCF5686.jpg
DSCF5685.jpg
なんか写りがイマイチかな。おいしかったですよ。渾身の醤油ラーメン。
そして、道を歩いていると不思議な現象が…回りを見たけど反射するようなものはなかったのですが。
DSCF5693.jpg
DSCF5691.jpg
そして、廃線となった北海道最古の線路「手宮線」。明治13年に開通し手宮(小樽)~札幌間を結んでいた。
DSCF5694.jpg
ということで本日はこれにておしまいです。また明日からがんばらなきゃな~がんばるぞ!

<追記>


夜の小樽運河

DSCF5708.jpg
DSCF5706.jpg
DSCF5714.jpg
ガス燈がついていい雰囲気です。

小樽堪能

カテゴリ:北海道

07/16

2012.07.16   29日目(北海道26)

こんばんは、空太郎です。



今や空太郎、旅人ではなく観光客になっております。良い町に出くわすとついついお金を落としちゃいます。いや~しかし日本にはこんな良い町がいくつもあるのでしょうね。そんなことではお金がいくらあっても足りませぬが。今後の旅のあり方をもう少し考えねば…といいつつもやりたいようにやっちゃうんですよね。なので実はアルバイトも視野に入れている旅なんです。こんなおじさん使ってくれるかどうかわかりませんけど。

さて、小樽の第一印象ですが、「道」ですね。「道がアップダウンでつながって出来ている町」ということですかね。とにかく坂道多いんですよ。なんでこんなんなっちゃたのって。町ってふつう盆地というか平野にできますよね。ところが小樽は平地がないんですよ!自分からすると不思議な感じです。
でまあそんな小樽、2日目は歩いて移動しました。

ここ宿泊中の「小樽ドーミーインホテル」です。普通部屋とカプセル部屋を合体させて作られています。値段も手ごろで設備も良いですが連泊でもチェクアウトのたびに一回一回、荷物を部屋はもちろん、割り当てられているロッカーからも出さないといけないのです。これ、結構荷物のある空太郎にとっては面倒なことでござるよ。フロントに預けれるのだけどもね。
 DSCF5548.jpg
小樽運河。この周辺を中心に栄えているようです。
DSCF5576.jpg
DSCF5577.jpg
近くのレストランでお食事。小樽ビールにスパゲティです。小樽ビール、うまい!DSCF5580.jpg
DSCF5582.jpg

DSCF5581.jpg
こんな人たちも見かけます。
DSCF5551.jpg
そして小樽湾を屋形船で満喫しました。
DSCF5556.jpg
DSCF5568.jpg

そしてみなさん、小樽ではなにが一番有名でしょうか。それは「北一硝子」(きたいちがらす)だそうです。(先日のタクシーおんちゃん曰く)知ってる方は知ってますよね。小樽は昔はニシンの漁で栄えていたのですがやがてニシンも獲れなくなり衰退していきました。そんな中100年くらい前から石油ランプのランプを作っていた会社が大きくなり北一硝子として有名になったそうです。そしてまたかまぼこやの「かま栄」も有名です。「パンロール」という商品の試食おいしくいただきました~食パンにかまぼことなる原材料のすり身をバターのように塗ってまいて加工したものです。そしてオルゴールとかもちろんお寿司など食べ物ですね。
DSCF5590.jpg
DSCF5592.jpg
DSCF5619.jpg
DSCF5616.jpg
DSCF5615.jpg
DSCF5613.jpg

DSCF5617.jpg

DSCF5618.jpg

DSCF5626.jpg
そして小樽歴史観に立ち寄りました。
DSCF5630.jpg
DSCF5631.jpg
DSCF5632.jpg
DSCF5633.jpg
この後、凍氷館と天狗山ロープウエイに行ってきましたがつづくということでまた明日!





07/15

2012.07.15   28日目(北海道25)

こんばんは、空太郎です。



小樽市、着いてます。でもきょうは特にどこも行ってません。ブログ更新日です。本日のお泊りはカプセルホテルです。でもね、いまどきのカプセルはいいんですよ。温泉在るしきれいだし親切だし。昨日のホテルとは大違い。
ここに三泊しますよ。小樽じっくり堪能します。


天候:晴れ
ルート:札幌→R5→銭函→小樽市
走行距離:48km
総走行距離856km
所要時間:08:35-14:30(5時間55分)
宿代:3900+3000+3000=9900円(3日間)

さて、札幌出発します。でその前にクラーク博士にご挨拶しときませんとね。北海道大学来ました~
DSCF5546.jpg
DSCF5530.jpg
DSCF5531.jpg
DSCF5532.jpg
DSCF5534.jpg
DSCF5535.jpg
いいトンネル~DSCF5539.jpg
本日お泊りのカプセルの中
DSCF5543.jpg
ではまた明日!夕食たべてきまする~

07/14

2012.07.14   27日目(北海道24)

こんばんは、空太郎です。



もうきょうは眠ります。また後日アップします。おやすみなさい

ということで14日の追記します。それと13日のデーターがアップしてなかったのでその日のブログに追記しました。

この日は宿が取れてなくて困っていたところ友人のsenちゃんからアドバイスをいただきキャンセルでるから午前中の電話作戦や!ということで宿を出た後、札幌駅で朝から電話でGo!作戦に入りました。と、意外にも4件目でホテルGet!為せば成るもんです。

今日の出来事:①やっと取れたホテルだったがイマイチやったな~まず、(1)自転車は駐輪場に置いて下さい
と威圧的。大事な自転車なのでなんとかならないかと頼んでも自転車を駐輪場に置いてなにかおかしいですか。じゃあどこに置くものなんですかと感じるような冷たい応対。おまけにそれがだめでしたら他のホテルを御捜しになられた方が…などと言ってきた爆発寸前だったがここはぐっと抑えたのだ!この女性スタッフこの日はどこも満室なことは知ってるハズやわ。クゥ~~~(2)荷物を預けていたので引き取りに行くと男性が面倒くさそうに奥からムス~とした顔で出してきた。(3)エレベーターで女性二人組みがなにかの拍子にフロント呼び出しボタンに当たったらしく「どうしたんですか~なにかしましたか~」と怒っているトーンで呼びかけられ黙っていたので変わりに「なんか当たったみたいです」といったのだがそのフロントは終始ブツブツ言っていた。女性の方が「なんか怒られてるみたい」と顔見合わせ苦笑いしていた。あ~やだやだこんなホテル。そんなに仕事がいやなら辞めっちまえ!と思ったよ
②荷物の片づけをホテル前でしていると客待ちをしているタクシーのおんちゃんが親しそうに話しかけてきてこのやさしい雰囲気になんかタクシー乗ってあげたいなという気持ちになりこの際、タクシーであっちこっち行きました。ホテルのこともあってか、このおんちゃんがとてもいい人に見えました。実際、いい人でしたよ。結構、お金使ちゃったんだけど惜しいとは思わなっかたですね。観光案内もしてくれて小樽のことも教えてもらいました。この方、小樽出身だったんです。でずーと話をしていたら身の上話になって奥さんを30代で亡くされて男手ひとつで子供二人を育てられたそうで人それぞれドラマがあるよな~としんみり。最後、名刺をいただき別れました。札幌に行かれる機会があればご紹介いたします

それで写真はあまり撮ってないんですね。ちょこっと載せますね。

いきなりこれ?
DSCF5507.jpg
こんなところに立って動かないので写真を撮ってやろうと思って構えたら手で合図してだめだという。お金頂戴という身振り。気持ちでいいからだって。寄付いたしました。そしたらパホーマンスしてくれました。

はいーやってきました。ススキのですよ。

DSCF5510.jpg

そいでタクシーのおんちゃんがここのジンギスカンおいしいと教えてくれたのですが超満員であきらめもうひとつ餃子のおいしいところへ行きました。
DSCF5513.jpg
DSCF5515.jpg
餃子定食、380円です。このお店「みよしの」というお店でチェーン店です。
DSCF5516.jpg
DSCF5523.jpg
NHKの夜のテレビ塔です。
そいでこれ靴。
DSCF5524.jpg
見ればわかりますよね。ゴアテックの靴買っちゃいました。あの雨の日のぐちょぐちょ感…ホントは好きですけど、次の日に濡れてる靴を履く感触は耐えれません。しかも乗ってる間に乾くんですけど宿に着いて脱ぐととってもいい臭いしています。その非日常的な生活をこの靴がいくらかやわらげてくれることを願って購入いたしました。がんばってくれー!!

で結局この日はいろいろと準備することがあって、飲むことも怪しいこともなーんもなく終わっちゃいましたね。ススキのなのにね…

07/13

2012.07.13   26日目(北海道23)

こんばんは、空太郎です。



札幌着いたということよりも我が心の中は昨日の出来事の方が重くのしかかっている…

と、出だしをサスペンス風にしましたが実は昨日、温泉からテントへ帰って荷物の整理をしようとしていたら「え!?なんで?水たまり???」そう、テントの中に雨が入り込んでいて水たまりができていたのです。ビックリ仰天してタオルで拭き取ったのですがかばんとかには被害がなかったので良かったです。今後、雨の日に使うとなると用心しなければいけません。ポールを引っ掛けるところが傷んでいるようです。高いテントなので買い換える気はありませんが参りました
さて、札幌へ出発です。きのう一日中降っていた雨も上がり、曇り空でキャンプ場を後にします。


DSCF5450.jpg
DSCF5451.jpg
DSCF5452.jpg
DSCF5460.jpg
長~い橋でした。路側帯も無く…どういうこっちゃ!最近、道路の作りに神経質になってます。
DSCF5462.jpg
ついに札幌~
DSCF5467.jpg
DSCF5472.jpg
わかる人はわかりますね。時計台です。空太郎はなんとなくしか頭になかったので「え!?これが時計台?とちょっと残念。もう少し古いものを想像してたのです。
DSCF5474.jpg
駅でーす。その後ここ行きました。
DSCF5481.jpg
DSCF5477.jpg
ここはいろんな展示物があってここでだいぶ時間を費やしました。
DSCF5491.jpg
DSCF5492.jpg
DSCF5493.jpg
DSCF5498.jpg
DSCF5499.jpg
中でもこの郵便局の交換手の話は泣けてきました。資料館にはその殉職した9人の17歳~22歳のあどけない女の子たちの顔写真があってこの娘たちがこの若さで自ら命を絶ったというのはとてもやるせない話です。ここがその場所で模型で再現したものです。
DSCF5501.jpg
DSCF5503.jpg
そして、大通り公園です。
DSCF5504.jpg
というところで本日のネタは無くなりましたが、札幌、まだ行きたいところはあるのですが時間がたりません。明日もいまのところ宿が決まってませんし…どうしたもんだか。札幌駅で一晩明かしますかね。ではまた明日!

<追記>

天候:曇り/晴れ
ルート:月形キャンプ場R275→江別市→札幌市/ホテルはしもと本館(泊)
走行距離:48km
総走行距離:799km
所要時間:09:10-15:30(6時間20分)
宿代:4980円だったかな?

本日、停滞

カテゴリ:北海道

07/12

2012.07.12   25日目(北海道22)

こんにちは、空太郎です。



はい~札幌に着きました~と言いたいところですが本日、雨風にて停滞します。

札幌には2泊を予定していたのですがきょう、怠けたので明後日、土曜日をむかえることになりどっこも宿、空いてないんですわ。キャンプ場もないし。旅のベテランだったらどこでも寝るんでしょうね。参った、参ったと思いながらいろいろ考えた結果。決まったことは明日は宿があるのでとりあえず行くということです。

で話は変わるんですが暇なので自分なりにこれまで泊まったキャンプ場ランキングを考えてみました!でもベスト3までね(あくまでも私の主観であります)

1位 月形皆楽公園 200円/温泉・レストラン・コンビニあり利便性大(本日お泊り場)
2位 忠類     無料/温泉・レストラン・コンビニありどれもが少し離れている
3位 百人浜    300円/温泉のみ。雰囲気が好き
   かなやま湖畔 600円/温泉のみ・道路沿いにあるのでアクセス良い
   三石海浜公園 2500円/近くに道の駅あり・その中にレストラン、温泉。高額でなければ上位
   親子岩    オフのため無料。本来なら入場料600円+サイト代300円=900円
   広尾     200円/何にも無い
上富良野日の出公園 600円/設備はよいが国道からのアクセスが遠い

とまあこんなとこでまた明日!

07/11

2012.07.11   24日目(北海道21)

こんちは、空太郎です。



昨夜、泊まったとこです。ここ、22時48分が最終電車なのでそのあたりでテント張りました。無くてもよさそうですが虫たちが飛び回っているのです~DSCF5426.jpg
DSCF5422.jpg
広くていいな~と思っていたのですが実際のところちょっと…

天候:晴れ
ルート:江部乙駅R12→美唄(びばい)T33→月形皆楽公園キャンプ場(泊)
走行距離:54km
総走行距離:751km
所要時間:06:40-13:30(6時間50分)
費用:宿代200円/月形温泉400円(サービス券で100円引き)
出来事:①昨夜は駅で寝たのですが23時に自動で消灯になって寝ていたところガラガラガラ!と戸が開きカツン、カツン、カツンと人が入って来る音で目が覚めました。時計を見ると0時35分。誰や~と思って息を殺して身構えていたのですがしばらくすると同じように音をたてて出て行ったのです。あとから思えばたぶん警察の見回りでなかったかと思うのですが定かではありません。
    ②そしてこの駅、22時48分が最終ですが通り過ぎる電車はその後2時まで一時間おきくらいにあってそのたび場内にあるスピーカーでアナウンスするのです。
    ③おかげで寝不足。これも旅のエッセンス???でしょうか~
    ④本日走ったR12で日本一長い直線道路(29.2km)を途中まで走った。

準備運動開始!
DSCF5429.jpg
DSCF5425.jpg

早速、日本一長~い道路
DSCF5431.jpg
DSCF5432.jpg
DSCF5433.jpg
道路は直線だろうけど自転車には関係ないね~
本日のキャンプ場に向かうためこの直線道路をはずれてT33へ。ここも直線なんだよーなんか疲れる。

DSCF5434.jpg
はい、キャンプ場着きました。DSCF5437.jpg
で、温泉行って、休憩室でブログアップです。
DSCF5438.jpg
DSCF5440.jpg

明日は大都市、札幌へ向かいます。そいでは!

07/10

2012.07.10   23日目(北海道⑳)

こんちゃわ、空太郎です。



きょうは疲れました。ちょっと憂鬱に…

天候:晴れ
ルート:旭川R12→春志内トンネル(魔のトンネル)→カムイコタン→深川→滝川(江部乙駅/泊)
走行距離:45km
総走行距離:696km
所要時間:10:00-16:00(6時間)
宿代:無料/えべおつ温泉500円
出来事①国道12号線にある春志内(はるしない)トンネルここはどうやら歩行者、自転車は通行禁止のようだ。人一人が通れるような歩道らしき通り道の上、交通量の多いこと!なので石狩川に沿った旧道を通るように標識が出ている。しかし、しかしだ。いかにもこの道、熊が出そうではないか!こんな道通れません!ほうら!熊出没の看板が!!!トンネル1805m、自転車を押して通りました。ブツブツ言いながら…
   ②江部乙駅でくつろいでいると電車からおばあさんが下車して来られたのでいろいろお話を伺った。昔はこの町はりんごで栄えていたそうだ。けれど青森からのりんごが入ってくるようになって今や静かな町になってしまった事。そしてこの駅から毎朝旭川の病院へ行っていること。息子さんの事。などなど1時間くらい話をしていた。久しぶりに人と長話をしてストレス解消となった。
   ③本日の宿の江部乙駅のすぐ近くにえべおつ温泉があった。もちろん入浴してそこでブログアップしているのだがここの休憩所には昔ながらの懐かしい音楽のインストゥルメンタルや洋楽が心地よく流れていてなんか洒落たジャズ喫茶にいるようだ。いい感じ~
    
宿を出発して難なく走っていたがついにこのトンネルにさしかかった。すると標識が。え!この道通れないの!?

DSCF5392.jpg
もう~なんでだよってことで下へ下りて行くとここはいかにも出そうではないか!
DSCF5389.jpg
DSCF5390.jpg
ちょっと進んでみるとほら!なんでこんなとこ通らせるんだよーと怒り。注意しろっていったってどうすんの!
DSCF5391.jpg
もおおおお~トンネルへ戻ります。トンネル歩くわ!!そしてあの狭い歩道らしき道を約30分ちょぼちょぼ歩いてやっと脱出したところに安全祈願の塔が建っていました。あほか!もっといい道作れよ!今後もこんな道あるんだろうなと憂鬱に。
そして、気を取り直してカムイコタンへ寄り道
DSCF5398.jpg
魔人と守護人の戦いがあったようです。昔、駅もあったんですね。
DSCF5400.jpg
石狩川
DSCF5402.jpg
DSCF5406.jpg
DSCF5411.jpg
DSCF5409.jpg
DSCF5410.jpg
DSCF5415.jpg
そして滝川へ向かいます
DSCF5418.jpg
で、おばあさんとお話したあと温泉へ。へんな人影写ってる~DSCF5420.jpg
DSCF5421.jpg
そして本日お泊りの江部乙駅へDSCF5419.jpg
中の様子はまた明日!グッドナイト!

07/09

2012.07.09  22日目(北海道⑲)

こんにちは、空太郎です。



きょうは超有名な旭山動物園へ行ってきました。もちろんバスで。駅から30分程で着きます。
で、空太郎本当は動物園にはあまり興味が無く過去、ここに行ったという記憶がないくらい行った事がありません。ですがせっかくの旭川、行くしかないでしょということでいって参ったのですが、結果…良かったですね~
せいぜい2時間見ればいいかなと思っていたのですがなんと4時間見て周りましたよ。ホント良かった~なんせ、良いのは見せ方がいいんです、下から、目線から、上からといろんな角度で見ることができるんです。楽しかったですよ。ところが、ところがですよ…なんとカメラの電池が切れてしまってフラミンゴ、ペンギン、あざらし、くらげ、タコしか写真とれてないんです~目盛り2つはあったのに出だしのペンギンでエネルギー使いすぎました。そんな空太郎の物足りない写真見てやって下さい


DSCF5338.jpg
DSCF5339.jpg
DSCF5340.jpg
DSCF5344.jpg
DSCF5345.jpg
DSCF5346.jpg
よくまあ、こんな細い足で立てるな~
DSCF5349.jpg
水中トンネルです。
DSCF5362.jpg

DSCF5366.jpg
DSCF5367.jpg
DSCF5368.jpg
DSCF5371.jpg
DSCF5374.jpg
産卵の様子。オスがくちばしで小石を積み重ねてるんですね~微笑ましいです。そしてアザラシです。
DSCF5378.jpg
DSCF5381.jpg

DSCF5379.jpgDSCF5386.jpg
DSCF5385.jpg
DSCF5387.jpg
はい、タコです。以上です。すんませ~ん。
この後、ホッキョクグマ、シンリンオオカミ、ヒグマ、アムールトラ、ヒョウ、ライオン、キリン、ふくろう、てながざる、オラウータンなどなどたくさんいましたね。
そして、スタッフの方々の手書きの解説があってとても読み応えのあるものでした。オオカミを絶滅させた話やそれによってエゾシカが増え農作物への被害が多くなったことでエゾシカが害獣とみなされていること。しかし、本を正せば人間が生態系を壊すようなことをしたために起こっている。等々。考えさせられる内容が多かったですね。機会があれば是非どうぞ。大人800円で中学生以下はなんと無料ですって!
では、本日これまで。また明日から走るぞ!

07/08

2012.07.08  21日目(北海道⑱)

こんばんは、空太郎です。



きょうは、北海道上陸後初の居酒屋へ行って参りました。なんと良い居酒屋で空太郎飲みすぎたので写真は後日アップということでご了承くださいまし。(追記:写真アップしました)

天候:晴れ
ルート:上富良野日の出キャンプ場R237→常にR237→旭川(泊)
走行距離:44km
総走行距離641km
所要時間:08:35-14:30(5時間55分)
宿代:4000円+4700円=8700円(二泊/ちょっと奮発。のんびりするにはホテルかな?)
出来事:①休憩しているとキャンピングカーで休憩しているおんちゃんに声をかけられコーヒーをゴチになる。40分ぐらい立ち話をした。この方、埼玉の方で定年を迎えられてあっちこっち行かれてるらしい。そこへ千葉から来たという若者チャリダーが現れ三人でお話会となりました。楽しいひと時でした。
    ②旭川の「天金」という居酒屋Goodです。
    ③昨日、一昨日とキャンプ場は大盛況で辛いものがありました本日、平和です。のんびりするにはやっぱりホテルでしょうか。

すみませんが本日これまでということで。空太郎、生きております~


旭川に向けてキャンプ場出発DSCF5319.jpg
深山峠に着くとパーキングのお隣ではなんとヘリコプターの遊覧があるではないか。興味津々であったが先を急ぐのでパス。
DSCF5320.jpg
DSCF5323.jpg
旭川市突入
DSCF5325.jpg
木陰で昼食
DSCF5326.jpg
市街地に入って行くと、おおおおお~百万ボルトや~結構大きいぞ!
DSCF5327.jpg
そいでこの橋を渡ると旭川駅があってなんか突然、都会になります。
DSCF5328.jpg

そして、ホテルにチェックイン後の夜の旭川。
DSCF5333.jpg
DSCF5335.jpg
この後はご存知のように少しアップしてバタンキューでした

七夕

カテゴリ:北海道

07/07

2012.07.07   20日目(北海道⑰)

こんちは!空太郎です。はじめにPC充電切れそうです。本日途中で終わるかもしれませんよろしく。



天候:晴れ
ルート:かなやま湖畔キャンプ場R465→金山R237→山部R237,38→富良野→上富良野町日の出キャンプ場(泊)
走行距離:54km
総走行距離:594km
所要時間:09:35-16:20(6時間45分)
宿代:500円/フラヌイ温泉600円、高~
出来事:①初めて熊出没注意の看板を見た
    ②50人くらいは居たと思われるチャリだーの集団と反対車線で出会い(彼らは止まってた)「がんばれーがんばって~」と言われ気恥ずかしかった。
    ③フラヌイ温泉で初めて源泉に入った。足をいれたとたん「ぬるい!」と思ったらなんと34~35度の源泉だった。この温泉、今度テレビ東京の番組で放送されるそうだ。日にち忘れた、時間は21:00~です。
    ④昼食に寄ったラーメン屋、味は良かったが態度悪く北海道上陸後初めて気分わるった。
    ⑤土曜日のキャンプ場、人でいっぱいです。(そういう予感はしていた)
    
出発進行!

DSCF5302.jpg
DSCF5304.jpg
DSCF5306.jpg
DSCF5307.jpg
DSCF5308.jpg
DSCF5309.jpg
DSCF5310.jpg
想像してたより大きい富良野駅
DSCF5312.jpg
DSCF5313.jpg
ラーメン屋の口直しにおいしいソフトクリームでした。接客もグッド!
DSCF5314.jpg
はい、着きました~本日のキャンプ場です。
DSCF5316.jpg
では~本日これまで!

充実の一日

カテゴリ:北海道

07/06

2012.07.06   19日目(北海道⑯)

おこんばんはの空太郎です。


今現在、かなやま湖畔キャンプ場でアップしてますけど良いとこですわ~少々金額高いけどのどかです。湖って好きなんです。落ち着けるんです。ということできょうの始まり、始まり。

天候:曇り
ルート:新得R38→狩勝峠(かりかち)→落合→南富良野T465(どこから465なのか定かでありません)→かなやま湖畔キャンプ場(泊)
走行距離:47km
総走行距離:539km
所要時間:09:05-16:10(7時間5分)
宿代:600円/温泉400円
出来事:①きょうは充実の一日だった。

スタート直後。なんかすっきりしない天気。

DSCF5261.jpg
ここから峠まで17kmゆるーい上りが始まります。
DSCF5263.jpg
DSCF5264.jpg
DSCF5265.jpg
自転車乗ってなかったらね~
あっきょうのお泊りのリゾートホテルだ!
DSCF5266.jpg
リゾートホテル一度は泊まってみたい。で、「ようこそヒグマの森へ」って結構です。
DSCF5267.jpg
もうちょい!お花畑。
DSCF5268.jpg
着きました~
DSCF5270.jpg
DSCF5272.jpg
ここでのんびりランチタイムにしようかと思ったが雨がポタポタといやな感じ。そそくさと下りました。下りたところの落合駅で今度こそランチタイム!DSCF5274.jpg
DSCF5276.jpg
そんでもって本日お泊りのかなやま湖畔キャンプ場へ。
DSCF5284.jpg
橋からの風景
DSCF5286.jpg
DSCF5287.jpg
そしてキャンプ場到着です。
DSCF5290.jpg
ちょっと湖の方へ下りてみます。カヌーしてますね。
DSCF5293.jpg
DSCF5295.jpg
DSCF5298.jpg
あれ?あんなところに温泉が~!行くしかないっす!
DSCF5291.jpg
はい、それでは本日これまで!
DSCF5301.jpg
グッドナイト

さらば帯広。

カテゴリ:北海道

07/05

2012.07.05  18日目(北海道⑮)

どーも、空太郎です。



帯広では必要ない物を家に送りました。ノート、衣類に髭剃り機、これ、かなり迷った決断でした。というのも空太郎は手動のソリソリ苦手なのです。痛くて痛くて。なので機械を使っているのですがこれを使わないことによって充電器も必要なくなるんですね~それが大きいのです。はい、どうでも良いことでした。
天候:曇り/雨(雷のどしゃぶり)
ルート:帯広R236→R38→芽室→十勝清水→新得(民宿:泊)
走行距離:43km
総走行距離:492km
所要時間:9:00-14:10
宿代:3500円(今後、宿代だけ載せます)
出来事:①途中、大雨が降ってきた。養鶏所や畜産場がならんでいる辺りにさしかかり、雷もゴロゴロ鳴ってきてここで雷に打たれたら鶏や牛に落ちずに運の悪い人やな~とニュースになるだろうなと一人ニヤリとしてしまった。
    ②本日他にありません。ただただ、雨の中走った半日でした。


DSCF5253.jpg
DSCF5254.jpg
おっ、うちの相方が好きそうな牧場が。でも行きません。
DSCF5255.jpg
ついに雨が降ってきました。大きな木の下で雨装備に変身です。
DSCF5256.jpg
やっと見つかった屋根のある場所で昼食のパンをかじかじです。
DSCF5257.jpg
新得のYHに宿泊する予定でしたが15時半まで留守をするという留守電だったのでもう既に14時には新得に着いている空太郎には待てず近場の宿「ARUKU」に宿泊です。金額的には200円程度の差なのでいいでしょう。200円といえば先日のキャンプ場での女性チャリダーを思い出しますが…
そして時間つぶしにこんな所で雨宿り。

DSCF5258.jpg
DSCF5259.jpg
この二階で一休み、メールをちょいと打たせてもらいます。
そして、本日のお部屋。
DSCF5260.jpg
散らかし放題。でもちゃんと片付くんです!あたりまえか…
明日も雨っぽいんだよね~明日、初の峠いくんだよね~雨で峠はやだな~もう若くないしな~
ではまた明日!

07/04

2012.07.04  17日目(北海道⑭)

こんばんは、空太郎です。



きょうは、スポーツ用品店をめざしてバスであっちこっち行きました。まず、「スーパースポーツゼビオ」駅から4kmくらい離れたところにあります。しかし、残念ながら思いの物はありませんでした。
DSCF5231.jpg
それで、お昼になったので近くのモスバーガーで久々に食べました。なんとここのモス、宅配やってるんです。で、おまけにお持ち帰りのお客さんには車まで持って来てくれるんですよ。あんまり聞かないですよね?
DSCF5235.jpg
DSCF5237.jpg
おいしかったす!それからまた駅に戻って今度は音更(おとふけ)までまたバスで行きました。
DSCF5240.jpg
音更にはアルペンがあるんですね~
DSCF5241.jpg
ここにはまあ、なんとか欲しいものはありましてご購入。その帰りの途中、あんな良い乗り物がー電動自転車の後ろにリヤカーが。
DSCF5242.jpg
え~で、これが帯広駅です。一応ね。
DSCF5243.jpg
そして、友人のsenちゃんがモール温泉行ってねと言うことだったので行ってきました。とはいってももう、十勝の温泉街に行く元気は無く、横着して近場で済ませようと観光案内の方に近場でありませんかと聞くとなんと目の前のホテルがモール温泉だという。早速行ってきましたよ。ここです。
DSCF5247.jpg
DSCF5246.jpg
DSCF5245.jpg
DSCF5244.jpg
とまあ、こんな感じで、モール温泉というのは十勝川の地層に植物(モール)が長い時間をかけ、堆積した亜炭層から湧出する温泉ということで植物の有機物を多く含むので肌にやさしく天然保湿成分の成果でツルツルになるようだ。で、感想は確かに良い!温泉の色は茶褐色でぬるぬるとろとろでコラーゲンを塗ってるようだ。そして若干、かすかに草木の匂いがするような気がする。気のせいか?しかし、このホテルどうやってモール温泉にしたんだろうか。引いてくるのはちときびしいやろうでタンクに貯めてるのかな?なんせ駅周辺ではここだけでしたから。
そしてその後お買い物。あった!北海道に上陸して初のローソン!懐かしい青白ラインのコンビニです。
DSCF5249.jpg

さてさて、話は変わって今後の予定ですが結論から言って北と東は今回は諦めます。お盆に合わせて西へ(本州の)行くので先に西日本を周って北上したときに再度北海道上陸して函館からおおかた時計回りに周ります。あとの楽しみに取っときます。
ですので予定としては帯広→清水→富良野→旭川→札幌→小樽→洞爺湖→支笏湖→苫小牧とまあこんな感じです。
長~い目で見守りくださいませそれではまた!

帯広到着!

カテゴリ:北海道

07/03

2012.07.03  16日目(北海道⑬)

こんばんは、空太郎です。やってきました帯広に。



天候:曇り/晴れ
ルート:忠類キャンプ場R236→中札内R236→帯広(泊)
走行距離:54km
総走行距離:435km
所要時間:8:15-14:35(6時間20分)
費用:10500円(宿泊代3200円×2素泊まり、お土産等々)
出来事:①またまた、台湾のチャリダーに追いつかれ話を少々。前回とは別な方。
    ②停車中のタクシーのおっちゃんに「がんばれよー」と声をかけられた。
    ③膝はほぼ治りつつあるのか少しは痛いがすこぶる調子がいい。うれしい限りだ。
    ④その代わり湿布を貼った膝が赤く湿疹のようになって痛かゆい。
    ⑤無性に焼肉が食べたくなり一人焼肉した。
    ⑥洗濯物の中にティッシュペーパーを入れたまま洗濯した。こんちきしょう!
    ⑦おかげで今頃更新している。

さあ、出発ですよー
DSCF5228.jpg
DSCF5229.jpg
DSCF5227.jpg
DSCF5226.jpg
DSCF5225.jpg
ちょっと寄り道DSCF5221.jpg
幸福駅の写真が出ません…DSCF5224.jpg

帯広の街中でーす。
DSCF5220.jpg
本日、お泊りの「カーサインホテル帯広」です。安くて部屋もそこそこで文句なしです。元はホテルかな?
DSCF5219.jpg
おかしいわ~縦にならんとよ。いつもの手順でしてるのにーあ~もうこんな時間、だめっす。すんまそん。写真も一枚写りません。あーどなっとんのや~FC2さん、なんとかして!

さて、気持ちを入れ替えて。
やっと帯広に着きましたが今後、どういうコースを取るか。考えてます、考えてます、考えてます。また明日発表します。帯広ではいらないものは返送し、必要なものは購入し、ということでいろいろなことを見直したいと思います。まず第一に荷物をもう少し軽くしたいということです。いつも上がり道を押してるときに考えるのはこのことばかりです。最終的にはなくてはならない物だけがのこるのかも?そんなわけで少々忙しいですよ。そいではまた!

07/02

2012.07.02  15日目(北海道⑫)

毎度!空太郎です。


きょうは雨です。なので少々気力の衰えてきた空太郎、本日もこのキャンプ場にお泊りします。
テント泊がいいのは昼の間も中に居られることですかね。ホテルだと一度出ないとだめでしょ。まあプラスでお金払えばいいんでしょうけど。
停滞すると決めてから近くのセイコーマートに出向き、買いだめをしてきました。テントの中でのんびりです。

この道の駅、どうやらナウマン像の化石を発掘した場所のようです。そして、時折、像らしき鳴き声がするんですけど近くにいるんでしょうか???

では、ちょっとだけ写真を。朝、なんだか冷たいなと思ったらテントの空気穴?から雨がしとしと。あ~これ外側に出しとかなくっちゃあと反省。

DSCF5200.jpg
DSCF5201.jpg
そいで朝はレンジでチンするごはんとたまごスープでぞうすいです。え~水は昨日いただいたキンキンに冷やされていた水ですがあの水をまさか温めて使うことになろうとは…なんか、おじさんすみません
DSCF5203.jpg
DSCF5204.jpg
ナウマン像記念館です。
DSCF5205.jpg
DSCF5206.jpg
では本日はこれにて!温泉行ってくるべ


プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

空太郎のブログに訪れた人

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。